TOEFL iBTスコア50はTOEIC何点に相当するか試してみた

スポンサーリンク
LIFE

こんにちは、ズマです。

TOEFL iBTTOEICのどちらかを受けたことがある方がほとんどだと思います。

 この記事がおすすめ方を以下にピックアップしました。

・これからTOEFL iBTを受けようとしている方
・TOEICを受験する予定のある方
・実際に他の人がどれくらいTOEFL iBTで点数を取っているのか気になっている方  

今回は新形式TOEFL iBT 50点がTOEICでどれくらいに相当するのかを実験してきました。

TOEFL iBTは2019年8月からアップデートされ、新形式TOEFL iBTに変更されました。まだチェックできていない方は、こちらの公式サイトの記事をご覧ください。

✅この記事から得られる情報

・世間一般のTOEFL iBTとTOEICの換算したそれぞれの点数 ・筆者が実際にTOEFL iBTを受験した時のスコア ・筆者が実際にTOEICを受験した時のスコア

これら3つを紹介していきます。

スポンサーリンク

世に出回っているTOEFL iBT・TOEICの換算表

以下の表は、TOEFL iBTとTOEICのスコア換算表です(アゴス・ジャパン調べ)

TOEICスコア対象人数ReadingListeningSpeakingWritingTotal
400~4451610.610.47.18.537.1
450~4952512.48.39.58.738.0
500~5455812.69.310.69.842.5
550~5958513.210.611.110.246.0
600~64521713.610.710.811.547.3
650~69523514.612.012.212.051.0
700~74541915.412.312.212.152.5
750~79547616.513.313.113.256.4
800~84570817.314.113.414.159.3
850~89564719.216.215.015.466.4
900~94547420.518.116.417.673.0
950~99012924.621.018.118.283.4

僕はTOEFL iBTで50点の記録を持っています。表を参照すると、TOEICでは645点あたりから700点までが見込めそうですね。

この表が正しいのかを判別するために、TOEICを受けてきたので、受験結果をご覧ください。

まずは、過去に受験したTOEFL iBTの結果からご覧ください。

スポンサーリンク

筆者のTOEFL iBTの受験結果

以下の写真は、僕の新形式TOEFL iBTのスコアシートです。

2019年9月7日 TOEFL iBT スコアシート

左側は受験当日の結果で、右側は各セクションの過去最高のスコアを合算したMyBest Scoreというスコアシートです。

2019年9月7日土曜日に、とある名古屋の会場で受験しました。受験料は $235で、午前10時の少し前に試験会場に到着しました。

結果はタイトルにもあるとおり、50点でした。点数の内容として、Readingが9点、Listeningが11点、Speakingが16点、Writingが14点でした。

やったこと

ReadingとListeningは、TOEFL iBTの公式問題集の2回分のテストを解きました。

SpeakingとWritingの対策は、旺文社のテキストを使っていました。

具体的には、テンプレートを体に染み込ませる練習ばかりをしていました。どちらも共通している部分だったので、点数がかなり上がりました。

Speaking:独り言の練習 Writing:ひたすらタイピングの練習

この2つをやったら、15点以上が取れるようになりました。

TOEICの結果は、以下の通りです。

スポンサーリンク

筆者のTOEICの受験結果

以下の写真は、僕のTOEICのスコアシートです。

2019年11月24日 TOEIC スコアシート

2019年11月24日に、とある愛知県内の会場で第245回TOEICを受験しました。受験料は5830円(税込み)で12:30前くらいに試験会場に到着しました。

結果は、550点でした。

やったこと

TOEICの公式問題集の一回分のテストを一周しました。単語帳は繰り返し乗っている単語を発音していました。

同義語と対義語を確認したり、イディオムを覚えたりしました。

スポンサーリンク

【まとめ】TOEFL iBTスコア50はTOEIC何点に相当するか試してみた

これらの結果、TOEFL iBT スコア50ホルダーはTOEICでスコア550を取れることが分かりました。勉強時間としては、どちらのテストも1ヶ月間で平均して1時間くらいです。

上記の換算表では、TOEFL iBT 50点は少なくともTOEIC 600点程度であると表記されていました。

今回の結果で、筆者の実力が伴わなかっただけかもしれないので、換算表の真偽はわかりません。ですが、一つ分かった事は、世に出回っている換算表の中で完全に正しいものは一つもないということです。

換算表はあまり気にせずに、どちらのテストでも地道にスコアを上げることが大事だと思いました。

次回、チャレンジする機会があれば、また受験します!

というわけで、今回はTOEFL iBTとTOEICの受験結果について書いてみました。

読者のみなさんの参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました